MLM(マルチレベルマーケティング)とは?

MLM(マルチレベルマーケティング)とは、商品の愛用者(購入者)を販売員として「多 階層の販売員組織」を形成しながら、商品の販売活動をおこなっていくことです。

「MLM」という名前は俗称で、法的には「連鎖販売取引」と呼ばれています。

「連鎖販売取引」として定められている規制を破らなければ、違法となることはありません。

「MLM(マルチレベルマーケティング)」自体は、立派なビジネス手法です。

「連鎖販売取引(れんさはんばいとりひき)」とは、特定商取引法(特商法)の第33条で定義される販売形態のことで、俗称では、「MLM(マルチレベルマーケティング)」の他にも、「マルチ商法」や「ネットワークビジネス」といった呼ばれ方もします。

具体的には、以下のような条件(特定商取引法)を全て満たす販売形態が「連鎖販売取引」とされます。

1.物品の販売(または役務の提供等)の事業であって
2.再販売、受託販売もしくは販売のあっせんをする者を
3.特定利益(紹介料や販売マージン、ボーナス等)が得られると誘引し
4.特定負担(入会金、商品購入費、研修費等の名目で、何らかの金銭的な負担)を伴う取引をすること

MLMは、この「連鎖販売取引」に則った販売形態であると言えます。

また、この販売形態は、店舗を持なたくて良いですし、口コミで販売していくスタイルであるため、宣伝広告費も掛けなくて済みます。

ですので、販売コストを低く抑えられ、利益が出やすい仕組みになります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする