NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」のあらすじ・ネタバレ

NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』。
あらすじ・ネタバレ・出演者(主要キャスト)についてまとめています。

第36回 「井伊家最後の日」 2017.9.10放送
出典:NHK公式ホームページ

出典:NHK公式ホームページ

徳川家康(阿部サダヲ)と今川氏真(尾上松也)の間に和睦が成立し、遠江一帯の混乱がいったん落ち着きを見せるなか、直虎(柴咲コウ)は井伊家の再興に向けて動き出すべきか悩んでいた。
家を再興することが家臣たちを再び戦に駆り出し、新たな悲劇を生んでしまうと考えたのだ。
そんな折、松下常慶(和田正人)が直虎のもとを訪れ、井伊家嫡男の虎松(寺田心)を松下家の養子として迎えたいと願い出る。
井伊家の再興をあきらめきれない虎松は、これに猛反発するが・・・

事実上、徳川への人質として松下家の当主・源太郎(古舘寛治)に嫁いだしの(貫地谷しほり)。
松下には跡継ぎがなかったため、源太郎の弟である常慶が虎松を松下家の養子にしたいと直虎に頼みにやってくる。
虎松を他家に出すことは、跡を継ぐべき男子の絶える井伊にとっても死活問題。
お家の再興を目指していた直虎の判断は果たして…?

徳川家康の生母・於大の方(栗原小巻)が初登場。
嫁姑の確執か、今川の血を引く瀬名(菜々緒)にはあまり好印象を抱いていない様子なのだが…。
“この役を演じるのは二度目”という栗原小巻さんふんする於大の方の、慈愛に満ちた存在感はさすが後の天下人の母!
於大の方と瀬名、今後の関係にも注目したい。

NHK公式ホームページ
http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story36/
スポンサーリンク

出典:NHK公式ホームページ

出典:NHK公式ホームページ

第35回 「蘇えりし者たち」 2017.9.3放送
出典:NHK公式ホームページ

出典:NHK公式ホームページ

徳川家康(阿部サダヲ)は大沢元胤(嶋田久作)に乗っ取られた気賀の堀川城を攻略するにあたり、まずは城内に捕らえられた民を逃がすことを方久(ムロツヨシ)に約束していた。
しかし徳川家臣の酒井忠次(みのすけ)はこの約束を破り、大沢への見せしめのため気賀の民を惨殺してしまう。
しらせを受けた直虎(柴咲コウ)は気賀に駆けつけるが、そこには瀕死の状態の龍雲丸(柳楽優弥)の姿があった。
生死の境をさまよう龍雲丸に懸命の治療を施す直虎だったが…。

井伊谷三人衆のひとり、鈴木重時(菅原大吉)。
その一子、重好(下川恭平)が突然、直虎のもとを訪れる。
父は大沢攻めに参陣し、他界したと話す重好。政次(高橋一生)の一件で鈴木家に遺恨を残す直虎に、無理を承知で頼みたいこととは…?

堀川城攻略のため罪のない気賀の民まで惨殺したことに心を痛める家康。
家臣の本多忠勝(髙嶋政宏)は後顧の憂いなく掛川を攻められると話し、酒井忠次は次なる標的は氏真(尾上松也)と意気込む。
そんななか浮かない顔の家康はひそかに常慶を呼び、ある計画を進める。

NHK公式ホームページ
http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story35/
スポンサーリンク

第34回 「隠し港の龍雲丸」 2017.8.27放送
出典:NHK公式ホームページ

出典:NHK公式ホームページ

政次(高橋一生)を失い放心状態の直虎(柴咲コウ)は現実を受け入れることができずにいた。
一人で碁を打ち続ける直虎を心配そうに見守る南渓(小林薫)。
一方、徳川家康(阿部サダヲ)の軍勢は井伊谷を通り抜け遠江を攻め進み、今川氏真(尾上松也)のこもる掛川城へと迫りつつあった。
これに対し、今川勢も粘りを見せ、徳川軍は苦戦を強いられることとなる。
戦の波は気賀の方久(ムロツヨシ)や龍雲丸(柳楽優弥)たちの目前にも迫っていた。

破竹の勢いで掛川城に向かって攻め進む徳川勢だが、今川勢も粘りを見せ戦線は膠着。
浜名湖畔では今川方の大沢元胤(嶋田久作)の軍勢が次々と徳川軍を襲い、ついに気賀の街にも押し入ってくる。
戦にはいっさい関わりたくないと言っていた龍雲丸は……。
龍雲丸の決断の時が迫る。

政次の最期を直虎はどのように受け止めているのだろうか。
南渓和尚をはじめ、傑山(市原隼人)や昊天(小松和重)も、ただ見守るばかりだ。
そんな直虎が現実を受け入れるきっかけとなる出来事、それはある人物によってもたらされる!

NHK公式ホームページ
http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story34/
スポンサーリンク

出典:NHK公式インスタグラム

出典:NHK公式インスタグラム

第33回 「嫌われ政次の一生」 2017.8.20放送

徳川と内通していた直虎(柴咲コウ)と政次(高橋一生)は、約束通り徳川勢の井伊谷への進軍を受け入れようとするが、その軍勢に向かって突然矢が放たれる。
徳川の先導役を務めていた近藤康用(橋本じゅん)の罠であった。
徳川勢に弓を引いた罪を政次に押しつけ、井伊谷をわがものにしようと企んだのだ。
政次の潔白を主張する直虎は牢に閉じ込められるが、そこに現れたのは他でもない徳川家康(阿部サダヲ)だった。

今川方として武田攻めに加勢すると見せかけ、密かに徳川と結んでいた井伊家。
手はず通り徳川軍は井伊谷城に入るべく進軍してくるが、近藤の思わぬ罠に直虎と政次は窮地に立たされることに。
これまで“今川の犬”として周囲を謀ってきた政次の真意が疑われるなか、愛するものを守るために選んだ道は…。

正室である瀬名(菜々緒)が井伊家の血を引くことから、直虎との内通を受け入れた家康。
徳川軍が井伊谷城に入り、家康はその才覚に一目置く直虎とついに相まみえることに。
しかし、対面は思い描いていたのとは大きく異なるものに…。
井伊家と直虎の今後を大きく揺るがすことになる2人の対面シーン。
家康がとった思いがけない行動とは?

NHK公式ホームページ
http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story33/
スポンサーリンク

第32回 「復活の火」 2017.8.13放送

信玄(松平健)と家康(阿部サダヲ)による今川攻めが避けられない状況になる中、政次(高橋一生)は虎松(寺田心)の偽首を差し出すことで氏真(尾上松也)の信頼を得ることに成功する。
政次と裏で手を結ぶ直虎(柴咲コウ)は家康に書状を送り、徳川の遠江侵攻に協力する代わりに井伊家を復活し家臣の列に加えてほしいと願い出る。
そんな中、ついに武田による駿河侵攻が始まる。
その破竹の勢いに今川国衆の寝返りが相次ぎ、氏真は絶体絶命の危機を迎える。

駿府へ攻め入る準備を進める武田。家康もまた側近である酒井忠次(みのすけ)、石川数正(中村織央)、本多忠勝(高嶋政宏)らと軍議を開いていた。
家康家臣団は、いずれも世に名をはせた武将ばかり。
なかでも強者として知られ、徳川四天王にも数えられる本多忠勝は今回が初登場。
高嶋さん演じる存在感たっぷりの忠勝に注目!

今川家から井伊の目付に任じられた鈴木重時(菅原大吉)、近藤康用(橋本じゅん)、菅沼忠久(阪田マサノブ)。
後に井伊谷三人衆と呼ばれることになる彼らは、その役目に従い井伊家の動向に目を光らせてきた。
武田が今川に襲いかかろうとしている時局を彼らはどう読み、どう動くのか、井伊家の命運を左右するその動向から目が離せない。

NHK公式ホームページ
http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story32/
スポンサーリンク

出典:NHK公式インスタグラム

出典:NHK公式インスタグラム

第31回「虎松の首」2017.8.6放送

直虎(柴咲コウ)は今川氏真(尾上松也)の命に従い、徳政令をうけいれることを決める。
これは井伊谷が今川の直轄地となり、井伊家が取りつぶしになることを意味していた。
直虎と政次(高橋一生)はいったん今川家に従うふりをして時を待ち、裏で家康(阿部サダヲ)と手を組むことで井伊家復活を図るという策を取ったのだ。
虎松(寺田心)をはじめとした井伊の一族は領地を追われ、川名の隠し里に残ることになるが、氏真は虎松の首を差し出すよう要求してくる。

さまざまな逆境を乗り越え、主家である今川より井伊谷を領地安堵(あんど)されていた直虎。
しかし、今川を裏切る公算が高いと見抜いた寿桂尼(浅丘ルリ子)の遺志によって、再び徳政令の下知が下る。
今川が狙っていたのは井伊家の取りつぶし。
徳政令を利用して井伊谷を直轄地とし、領地を召し上げることだった。

今川寄りの言動から敵と見なされ、井伊家の人々に信頼されていない政次。直虎だけはその真意に気づきひそかに通じていたが、徳政令の一件が持ち上がり2人の絆がまさに試されようとしていた。直虎と政次の奇策を知った井伊家の人々の反応は…?

NHK公式ホームページ
http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story31/
スポンサーリンク

出典:NHK公式ホームページ

出典:NHK公式ホームページ

第30回「潰されざる者」2017.7.30放送

武田との戦が避けられない情勢となった駿府では、今川氏真(尾上松也)が国衆を呼びつけ戦の準備を命じていた。
直虎(柴咲コウ)も徳川との内通をひた隠しにしながらこの命令に応じる。
また氏真は方久(ムロツヨシ)が気賀に新しい蔵を作ることを認める代わりに、井伊家を取り潰す手助けをするよう求める。
徳川との戦に備え、要衝の地である井伊谷を今川の直轄領にしたいと考えたのだ。
井伊と今川の板ばさみに悩む方久。
その不自然な動きを怪しむ政次(高橋一生)は気賀に乗り込むが…。

かつて直虎を苦しめた徳政令。
方久の妙案や井伊の民の協力を得て、一度はその難局を乗り切ったが、あの悪夢が再び井伊家に忍び寄る。
直虎との最後の対面で井伊家を離反組と判断した寿桂尼(浅丘ルリ子)が、死の間際に氏真に託した策、それは徳政令を利用して井伊家を窮地に陥れるものだった。

無一文から豪商にのし上がり、直虎に取り立てられた方久。
持ち前の商才を遺憾なく発揮し、井伊家と良好な関係を築いてきた。
しかし、今川は井伊を取りつぶすべく、そんな方久を抱き込もうとする。
方久が選ぶのは銭か、それとも井伊家との絆か?

NHK公式ホームページ
http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story30/
スポンサーリンク

第29回「女たちの挽歌」2017.7.23放送

直虎(柴咲コウ)は徳川家康(阿部サダヲ)に書状を送り、上杉と同盟を組んで武田の今川攻めの動きを封じ込む策を進言する。
いったんはこの策に乗ろうとした家康だったが、時を同じくして武田から今川攻めの誘いが来てしまう。
その頃、駿府では寿桂尼(浅丘ルリ子)が死の床についていた。
松下常慶(和田正人)は井伊と徳川の同盟の証として、しの(貫地谷しほり)を人質に出すよう要求するが…。
直虎からてんまつを告げられたしのは冷静に受け入れるが、母親と離れたくない虎松(寺田心)は直虎にじか談判。
さらに、しのを嫁がせなくてもよい方法を懸命に探ろうとする。
そんななか、しのは虎松を説き伏せ、嫁いでいく。
そのころ駿府では、今川が武田から遠江の割譲を迫られていた。
怒りに震える氏真(尾上松也)は武田との戦を覚悟し、井伊へも魔の手を伸ばし始める…。

NHK公式ホームページ
http://www.nhk.or.jp/naotora/story/story29/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする