厄年早見表・今年の厄年は何年生まれ?男の厄年は何歳?女の厄年は何歳?

厄年とは、人間の一生のうち、何らかの厄難に遭遇する恐れの多い年齢・厄災が多く降りかかるとされる年齢のことです。
科学的な根拠は不確かではありますが、医学の発達した現代においてもなお、平安時代からずっと根強く信じられている風習・迷信であり、万事に慎まねばならない年齢として、人々に意識されています。
厄年の確認用にお使いいただき、あなたのお住いの地域の神社・寺院で厄除けや、厄祓いの祈祷を行なってくださいね。

スポンサーリンク

2017年の男性の厄年は?

2017年の男性の厄年は、
数え年で25歳、42歳、61歳が本厄で、その前後1年ずつが前厄と後厄です。

「25歳」最初の厄年
前厄 1994年(平成6年)生まれ 24歳(いぬ年)
本厄 1993年(平成5年)生まれ 25歳(とり年)
後厄 1992年(平成4年)生まれ 26歳(さる年)

「42歳」男の本厄
前厄 1977年(昭和52年)生まれ 41歳(へび年)
大厄 1976年(昭和51年)生まれ 42歳(たつ年)
後厄 1975年(昭和50年)生まれ 43歳(うさぎ年)

「61歳」の小厄
前厄 1958年(昭和33年)生まれ 60歳(いぬ年)
本厄 1957年(昭和32年)生まれ 61歳(とり年)
後厄 1956年(昭和31年)生まれ 62歳(さる年)

スポンサーリンク

2017年の女性の厄年は?

2017年の女性の厄年は、
数え年で19歳、33歳、37歳、61歳が本厄で、その前後1年ずつが前厄と後厄です。

「19歳」は最初の厄年
前厄 2000年(平成12年)生まれ 18歳(たつ年)
本厄 1999年(平成11年)生まれ 19歳(うさぎ年)
後厄 1998年(平成10年)生まれ 20歳(とら年)

「33歳」は大厄!
前厄 1986年(昭和61年)生まれ 32歳(とら年)
大厄 1985年(昭和60年)生まれ 33歳(うし年)
後厄 1984年(昭和59年)生まれ 34歳(ねずみ年)

「37歳」は小厄
前厄 1982年(昭和57年)生まれ 36歳(いぬ年)
本厄 1981年(昭和56年)生まれ 37歳(とり年)
後厄 1980年(昭和55年)生まれ 38歳(さる年)

「61歳」は最後の厄年
前厄 1958年(昭和33年)生まれ 60歳(いぬ年)
本厄 1957年(昭和32年)生まれ 61歳(とり年)
後厄 1956年(昭和31年)生まれ 62歳 (さる年)

厄年にはどんなことに気をつけたらいいの?

19歳、25歳は青春期に当たり、また33歳、42歳は青春期を過ぎ、中高年期への過渡期に当たることから、人生のうちでも曲がり角の時期でもあります。

男性の場合は、社会的にも責任が重くなり、それゆえ精神的・肉体的にも疲労などが多くなる年齢です。

女性の場合は、出産や子育て、あるいは主婦として非常に多忙な時期でもあり、不慮の事故やけが、病気なども起こりやすいとされます。

凶事が起こらなくとも、大厄の年齢では、肉体的には、体力の低下や反射神経の鈍化など、衰退が顕著になる時期でもあり、医師の診察を受けた際に体調不良を訴えやすいともいいます。
健康管理などの面でも注意が要される年頃でもありますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする